ナレーターメルマガ

ボイス・サーガ

 この物語は声優からナレーターを目指す迷走の物語である。おおむね事実。
 第16話

預かりの群れと決意

ボイス・サーガ

第16話「預かりの群れと決意

 

声優アイドルユニット「ラムチョッパーズ」から次々と抜けていくメンバー。追い詰められた安土(あづち)。

 

 

 

新星の台頭

 
逗子丸(ずしまる)は声優事務所【ラムチョップ】に来ていた。
 
年に一度の預かり全員集合の日。今年で3回目だ。コンクリート打ちっぱなしの社屋に新旧入り混じった4-50人ばかりの人がごった返していた。見知った顔も知らない顔も。幾人もが消えまた入る。またここからのレースの始まりか。逗子丸は辺りを見回し、短くため息をついた。

いつものように蛍光タイツで情報通のニーハイピンクが寄ってきた。
 
ピンク「この前のゲームひどかったよね。あんなに頑張ったのに。プンプン」
(注:10,13,14話)そう桃尻桃子と帝国軍総統で頑張ったエロゲのことだ。
逗子丸「まあ声優界ではよくあるってコトさ。フフン(ぐぐぐやしー)」
ピンク「そういえばあそこにいる新人。最近の社長のお気に入りで、たまに一緒に飲んでるらしいよ」
 
壁際にシュッと立っているスカしたイケメン、横須賀優男(よこすかやさお)だ。
 
逗子丸「オレなんて、社長と一緒に飲んだことなんて一度もないもんね。フン!ダ」
そこにニーハイレッドが登場。同期には目もくれず、優男のもとにつかつかと歩み寄る。
 
レッド「あら優男くーん(むぎゅ)この前の収録楽しかったね!ニャハッ☆(むぎゅ)」(むぎゅ)って何だ、(むぎゅ)って!!優男もはにかんでいるではないか!けしからん!
ピンク「レッドちゃんメインどころでアニメ番組のレギュラー取ったんだって。もーすっかり売れっ子声優の仲間入り。事務所でもトップクラスだしなー。うぐぐーうらやまじーひー」
逗子丸「まあまあ落ちついて。ピンクだって本数はこなしてるんでしょ(アダルトものだけど)オレなんて…」(いろんな言葉は飲み込んだ)
ピンク「そういえば!部持田(べじた)先輩なんだけど、事務所辞めたんだって!その後、風俗嬢と付き合って、知らない声優事務所に行ったんだって」
 
部持田先輩にはあまりいい思い出がなかったが、事務所が押している声優アイドルグループ「ラムチョッパーズ」の筆頭格だったので少しオヤ?とは思った。
 
逗子丸「そういえば”ライバル”の安土、見かけないなー」
ピンク「いやいやいや、”ライバル”じゃないっしょー。向こうはアイドル候補だし」


去りゆくは一瞬

 
その頃、安土は黒山椒(くろざんしょ)社長と対峙していた。
 
そう、最後の挨拶をするためだ。
心臓が口から出そうなくらいばくばくする。
 
黒山椒「安土か。何?言いたい事があったら要件を手短に!」
安土 「今日でラム・チョップをやめよう思うとります!今までありがとうございました」黒山椒「あ、そう。売ってやれなくて悪かった。ではお疲れ」
安土 「あ、はい...し、失礼します!」

養成所から何ともあっけない3年間だった。
 
「辞めます」といった後どんな罵声を浴びせられるのか、それを想像すると、胃の底がキュッとなって結局朝まで寝れなかった。なぜだか今日の黒山椒には一片の優しさすらあった。一挙に気が抜けた。

安土「...ははは、何やねんほんまに。」
何だかよくわからないが妙に笑いが込み上がる。と同時に涙もあふれてきた。事務所を出るときに逗子丸とニーハイピンクに呼び止められた。
安土「いま事務所辞めてきた」それだけ言うと足早に事務所を出た。

逗子丸「辞めたって!おい!安土いったいどうしたんだ!」
逗子丸は思わず安土の元に駆け寄ろうとした。ピンクがとっさに腕をとった。
 
ピンク「そっとしておいてやりなよ。きっと色々あったのよ…」
そう言われればそうだ、駆け寄ったところでかける言葉も見つからなかった。
 
安土の頭の中は真っ白だった。心も空白なはずだったが、思わず事務所の外壁に突っ伏して嗚咽した。そのまま慟哭となり泣き続けた。しばらくして。
安土(あれ、なんや誰も追いかけてけーへん…冷たいなー)
 
これからの事は何も考えていない。ただ、ふと見上げた空はとても青く眩しかった。
 
次回 安土が向かう先は天国か地獄か!?