ナレーターメルマガ

ボイス・サーガ

 この物語は声優からナレーターを目指す迷走の物語である。おおむね事実。
 第1話

養成所に入る

ボイス・サーガ

第一話「養成所に入る」

(2019年2月14日ナレーターメルマガ358号より)

ついに始動ナレーター大河”ボイス・サーガ
この物語は声優からナレーターを目指す迷走の物語である。おおむね事実。

 
ナレーターメルマガ,声優から,養成所

 

声優養成所へ入る

「安定してない職業はダメ♡」と付き合ってるあかねちゃん。

逗子丸弘(ずしまるひろし)はあかねちゃんの言葉を疑うことなく、
 
ブラック不動産営業で5年。パワハラ当たり前、接待は強面のおじさまたちに軽く揉まれる。

日々のストレスを、せんべろ酒場でビールと共に流し込む日々。
(1000円でべろべろに酔えるような価格帯の酒場)

しかし!「やっぱりあなたとは先が見えないの、、、」の一言で突然あかねちゃんは去っていった。

パトラッシュ、僕もう、疲れたよ。。。魂が体から離れ、ネットをさまよっていた。そんな時に目に止まったのがボイスサンプル。声の豊かな表現に惹きつけられた。なんとなーく、やってみたいなー。
 
でも自信もないしできるんだろうか?悶々

「そうだ声優養成所へ行こう!」

会社へ辞表をたたきつけ、門を叩いたのが、声優養成所【ラムチョップ】だった。
そこは厳しいことがネット雀の間で評判の新興の声優事務所。
 
これで右も左も分からない声の世界。遅すぎるスタートかも知れない。
箸にも棒にも引っかからないかも知れないいやもしかしたら、もしかするかもしれない。
 
その可能性にかけてみよう。逗子丸弘(ずしまるひろし)の胸がときめいた。
 
27歳の春だった。
 


養成所初日

 
レッスン場には15名ほどの生徒。ライバルでもある学友たち。
いや、共に鍛錬していく同士といってもいいかも知れない。
 
サラリーマンの戦闘服スーツで意気揚々とレッスン場に乗り込んだ。明らかな場違いに気づくのに時間はかからなかった。男性陣はスタジオの隅っこにいた。
 
軽いノリで前髪ばかり気にしている関西人くん。
 
ソフトモヒカンのメガネくん。
 
ニキビ顔の10代大学1年生くん。
 
純朴さ100%の純(北の国から)くん。地味目だ。。。
 
女性陣に目を移すと、、、
 
キャリーケースの影薄子に地味っ子メガネ、全身黒のドクロマーク。
 
中央に陣取るのは赤や黄、紫、ピンク。蛍光色のニーハイ女子連隊。

中央に陣取り「カワイイ」連発できゃっきゃとはしゃいでいる。

思わず「毒虫色」と言いかけたがやめておいた。

「わー友達になれるかなーー」いや友達作りに来てるんではないと思いなおす。
 


 

黒山椒(くろざんしょ)社長登場


レッスン初日ということで、今日は社長の挨拶があるらしい。
 
普段は音響監督がレッスンを担当していて、社長が来るのはとても珍しいことだと情報通の蛍光タイツのニーハイピンクが教えてくれる。
 
一同緊張が走る。

受験の時に見かけた、神経質そうなメガネの男性がやってきた。

開口一番
「この養成所で彼氏彼女を作って楽しい1年を過ごそうなんて考えてるヤツは、金は返すから今すぐ辞めて出て行けー!」黒山椒社長のヒステリックな怒号が飛ぶ。
(えーーーーーーーっ!!!なぜにそこ?)

脳裏にうっすら浮かぶあかねちゃんの面影を、必死で黒く塗りつぶす。

初回のレッスンが厳かに始まった

黒山椒「おいそのスーツの下手くそ!そんな芝居で仕事が取れるかッ!」

黒山椒「他の邪魔になるから帰っていい!」

容赦ない罵声が飛び交う。
ひとしきり怒鳴ると社長はそそくさと稽古場を後にした。

逗子丸弘の声優養成所初日はそうやって終わった。