ナレーターメルマガ

小さな奇跡

File.4 四本木典子

原稿噛んだらサヨウナラ

 - 前編 -

TOPページ | 小さな奇跡 | File.4 | ナレーター四本木典子「原稿噛んだらサヨウナラ」_前編

| 1 | 2 |

四本木典子「生ナレーションの現場」

 (2010年5月6日ナレーターメルマガ139号より)

ナレーターメルマガ,デビュー,体験談,四本木典子,猪鹿蝶

「ここは戦場か?!」と思っちゃいました(笑)徹夜明けのスタッフさんたちが慌ただしく働いてて。オンエア中は私も移動移動で息つくヒマもないんです」
 
「というのもナレーション収録はブースじゃなく”大道具倉庫”の小さなスペースで収録しているんですが。自分の出番が終わったら、別のかたが収録をするのですみやかに部屋を出なきゃいけないんです(笑)」
 
自身がレギュラーを勤める生ナレーションの現場。
 
原稿を読み間違えたらそのまま電波にのってしまう。「原稿を噛んだらサヨウナラ」のシビアな世界でも、彼女は笑っている。

インタビュー中は終始笑顔で会話には(笑)がいくつあってもたりない。知られざる「朝の情報番組」の驚きのエピソードの数々も、それを辛いというよりは楽しいこととして捉えられる前向きさをもっているのだ。
 


 

ナレーター四本木典子


この春、数十年日テレの朝の看板として続いている番組のナレーターに大抜擢された。
 
大手事務所数社も参加する激戦のオーディションを勝ち抜いての快挙。
 
故郷の福井県から上京して2年目。スクールバーズでは目立った存在ではなく「可もなく不可もなく、順番がきてもサーっとダメ出しが終わってはい次」という、目立たない”よくいる生徒”の一人だった。
 
インタビューは20時まで続いた。いつもは布団に入いらなければならない時間。
 
だが一度も笑顔は絶えない。
 
この存在感が、”戦場”に爽やかな朝を告げている。
 


 

ひりひりするような


収録の日は、朝2時に起きる。
 
ご飯を食べたら、「ザジズゼゾ・ジズゼゾザ…」を十回やる。
 
「サ行」がちょっと苦手だ。
 
それから「なのだ」など言いにくい単語も十回。
 
朝4時には局からタクシーが迎えにくる。日テレはなぜか「黒のタクシー」と決まっているのだという。理由は今もわからない。
 
汐留についたら局入り。
 
ニュース番組の背景によく映っている報道フロアをつっきって、「出演者も合同の前室(舞台袖にある簡易控え室)」に待機する。
 
有名な看板キャスターと一緒で緊張してしまう。本人いわく「私ひとり、すみっこで”ちーん”としてます」。
 
あちこちを走り回っているスタッフたち。ぎりぎりまでVTR作りをしてスーパー(テロップ)入れの機材の順番待ちをするのが日常。
 
ナレーターは出番がきたら収録にむかい、待ち時間は再び前室に戻る。
 
出たり入ったり、オンエア中は息つくヒマもない。
 
ひりひりするような、”戦場”だ。

| 1 | 2 |
 
 
 
 
ナレーターメルマガ,ナレーターフォーラム,ナレーションの虎ナレーターメルマガ,ナレーターフォーラム,ナレーションの虎

 
 質問はフォーラム
「ナレーションの虎」で
  
ナレーターメルマガ,極細木スガ子,マネージャーナレーターメルマガ,極細木スガ子,マネージャー

ナレーターメルマガ,技術,ナレーション,テクニック,学ぶナレーターメルマガ,技術,ナレーション,テクニック,学ぶ

ナレーターメルマガ,体験談,ナレーターメルマガ,体験談,

ナレーターメルマガ,はじめてのナレーション,技術,テクニック,発声,滑舌ナレーターメルマガ,はじめてのナレーション,技術,テクニック,発声,滑舌

ナレーターメルマガ,ナレーション収録,動画,映像,ナレーターメルマガ,ナレーション収録,動画,映像,

ナレーターメルマガ,極細木スガ子,マネージャーナレーターメルマガ,極細木スガ子,マネージャー

ナレーターメルマガ,キャスティング,営業,マネージャー,改編期ナレーターメルマガ,キャスティング,営業,マネージャー,改編期


ナレーターメルマガ,声優から,声優ミゼラブル,ヒッキー,ガンバルジャンナレーターメルマガ,声優から,声優ミゼラブル,ヒッキー,ガンバルジャン

ナレーターメルマガ,売り込み,アピール,弾き語りのマーケッターナレーターメルマガ,売り込み,アピール,弾き語りのマーケッター


ナレーターメルマガ,ナレーション虎の穴,佐藤賢治,あおい洋一郎ナレーターメルマガ,ナレーション虎の穴,佐藤賢治,あおい洋一郎