ナレーターメルマガ

小さな奇跡

File.3 わいわい

暗記マシンが自由になる時

 - 前編 -

TOPページ | 小さな奇跡 | File.3 | ナレーターわいわい「暗記マシンが自由になる時」_前編

| 1 | 2 |

ナレーター「わいわい」さん

 (2010年3月11日ナレーターメルマガ135号より)

 
ナレーターメルマガ,デビュー,体験談
 

司会の仕事を続けながらナレーターとして活動している。だいたいおおまかに40歳。
 
長く目指していたナレーターへの道が見えてきた。小さな仕事を集めてだが、なんとか生活は出来ている。
 


 

ふわっとした気分で大抜擢

 
OL を辞めた後、何となくやってみようと思った司会の仕事。ビジネスセミナーなどの司会をこじんまりと始めた。
 
そんなある日。家の隣の靴屋さんが、山奥放送局のプロデューサーを紹介してくれるということに。その靴屋さんは、セミナー司会と番組司会の区別がついていなかったのだ。

 
ところが、なぜだかオーディションに合格。なんと番組キャスターの座を射止めてしまったのだ!
 
あろうことか雪深き山奥で、都会育ちのわいわいさんの活動が始まった。しかも年々、仕事が広がっていく順風満帆のスタート。
 



暗記マシーンが自由になるとき


仕事が広がっていった理由の一つには、わいわいさんの記憶力があった。どんなに長い原稿でも短期間に暗記できることだった。仕事が広がるに連れ、暗記量は膨大になっていく。
 
だがスタッフたちは陰でわいわいさんのことを『暗記マシーン』と揶揄していた。表現することより暗記力を問われていたのだった。
 
彼女の中で、仕事の広がりと共にむなしさも広がっていった。
 
「たまたまナレーションの仕事をやったんですよ。そうしたら表現できるって楽しいなって感じたんです。ナレーションだと自由になれるんです!その頃から積極的にナレーションをやりたい、ナレーターになりたいって思ったんです」
 


 

唐突な幕切れ

 
山奥放送局でのわいわいさんの活躍。
 
それを影になり日なたになり支えてくれたのは、彼女を抜擢してくれたプロデューサーだった。
 
そんな彼は、局内での派閥抗争に巻き込まれていた。番組作りの裏側で、血で血を洗う戦い。
 
なにも知らないわいわいさんは、ある日新任のディレクターに告げられる。

 
『来月でわいわいさん終了ですから』

 
何年も続いた番組から降ろされた。抜擢してくれたプロデューサーが失脚し、唐突に退職したのだった。スタッフたちも急によそよそしくなった。
 
「ここには私の居場所はもうなくなったんだ」
 
涙を流す間もなかった。
 
遠い遠いかすかなツテを頼って、別のローカル局に連絡をした。

「ナ、ナレーターをやりたいんですけど」
『アナウンサーの募集はもう締め切ってます』
「いえ、だからアナウンサーではなくナレーターなんですけど…」
「(受話器を押さえて)局長~変な電話きてるんですけど~」

| 1 | 2 |
 
 
 
 
ナレーターメルマガ,ナレーターフォーラム,ナレーションの虎ナレーターメルマガ,ナレーターフォーラム,ナレーションの虎

 
 質問はフォーラム
「ナレーションの虎」で
  
ナレーターメルマガ,極細木スガ子,マネージャーナレーターメルマガ,極細木スガ子,マネージャー

ナレーターメルマガ,技術,ナレーション,テクニック,学ぶナレーターメルマガ,技術,ナレーション,テクニック,学ぶ

ナレーターメルマガ,体験談,ナレーターメルマガ,体験談,

ナレーターメルマガ,はじめてのナレーション,技術,テクニック,発声,滑舌ナレーターメルマガ,はじめてのナレーション,技術,テクニック,発声,滑舌

ナレーターメルマガ,ナレーション収録,動画,映像,ナレーターメルマガ,ナレーション収録,動画,映像,

ナレーターメルマガ,極細木スガ子,マネージャーナレーターメルマガ,極細木スガ子,マネージャー

ナレーターメルマガ,キャスティング,営業,マネージャー,改編期ナレーターメルマガ,キャスティング,営業,マネージャー,改編期


ナレーターメルマガ,声優から,声優ミゼラブル,ヒッキー,ガンバルジャンナレーターメルマガ,声優から,声優ミゼラブル,ヒッキー,ガンバルジャン

ナレーターメルマガ,売り込み,アピール,弾き語りのマーケッターナレーターメルマガ,売り込み,アピール,弾き語りのマーケッター


ナレーターメルマガ,ナレーション虎の穴,佐藤賢治,あおい洋一郎ナレーターメルマガ,ナレーション虎の穴,佐藤賢治,あおい洋一郎