ナレーターメルマガ

はじめての
ナレーション

vol.08

 ナレーターの歴史

- 前編 -

TOPページ | はじめてのナレーション | vol.8 | ナレーターの歴史_前編

| 1 | 2 |
(2009年11月19日ナレーターメルマガ126号より)

 

「TVナレーターってなに?」を理解するために、歴史を振り返るとわかり易いかもしれません。
 

ナレーターメルマガ,はじめてのナレーション,どうやって,練習
  

ナレーションの成り立ち

 
スクールバーズでこんな面白いやりとりがありました。
 
学長大窓王が『ナレーターってどんなイメージ?』と質問したのです。
 
返ってきた答えは
「ひょうきんなアナウンサー」
「丁寧に喋れる俳優(声優)」
「英語まじりなどカッコいい話し方の人」
 
”いま”のテレビをみれば、上記の答えはどれも正解ですがそれらが全てとは言い切れません。
 
そのどれもがナレーターに要求されており、新しい試みが毎日オンエアされているからです。
 


 
ナレーターという職業が誕生したのはざっと40年前くらいでしょうか。
 
今ほど広く知れ渡ったのはごく最近になってからと言えますね。
 
その間テレビは進化をとげ、その番組にあわせナレーションも進化し続けていますから、全体像をつかむのが難しくなっているのかもしれません。
 
そこで、めちゃくちゃ大雑把ですが(^_^;)歴史を振り返るとわかり易いかもしれません。そこからぼんやりとイメージしていただければと思います。
 


 

黎明期

 
ラジオが普及した頃「音声に特化した情報伝達=アナウンス理論」が生まれたと思われます。いわゆるアナウンサーですね。
 
この頃「声優・俳優」もナレーションを担当しています。ドラマ等で狂言回しの役回りです。
 
この頃はまだナレーターとは呼ばれず「語り」という認識だったと思います。ナレーターの意識も番組を支える「裏方」という立ち位置でした。
 


 

創世期

 
60年代に大ヒットした、あるクイズ番組で、声優出身ベテランナレーターが『こんばんわ”ナレーター”の○○です』と名乗ってから出題したことをきっかけに「ナレーター」という職業が初めて認知されていったと思います。
 


 

ナレーションの進化

 
80年に番組表現は進化。バラエティの場で「遊びのある読み」が高い評価を受けていきます。
 
この時期「元祖DJスタイル」小林克也さんが英語まじりで曲名を紹介する番組は大ヒット。ラジオの喋りをテレビに持ち込みました。
 
「アナウンス」や「案内役」だったナレーションが、プレイヤーの持ち味を生かすことで番組をリードする「番組の雰囲気を作る」存在になっていきます。
 


 

| 1 | 2 |