ナレーターメルマガ

マネージャー小窓王の

改編の狼

vol.4

必然の勝利

-前編-

TOPページ | 改編期の狼 | vol.4 | 必然の勝利_前編

| 1 | 2 |
(2006年10月26日ナレーターメルマガ28号より)

ナレーターメルマガ,改編期の狼,マネージャー,キャスティング,オーディション,ナレーション事務所,ボイスサンプル

 
そしてサンプル提出から1週間後、「ニュースZERO」の担当者から遂に電話が!

『え~最終オーディションに、山崎さんに参加をお願いします』

最終オーディションは10人ほどに絞って、本番と同じようにスタジオで収録するとの事。
 
さすがの大規模オーディション。最後まで気が抜けません。
 

 

最終オーディションのチェックポイントはこの3点!

 
報道番組ならではの重要ポイントです。
 

1、時間をかけないで収録する事が可能か

生放送のため、時間に追われながらの収録に対応できるか。ぎりぎりになってニュース変更なんてのは日常茶飯事!原稿を渡してから、読み始める迄の時間、実際に収録にかかる時間、それぞれの早さが大きなポイントに。

 

2、原稿から素早く的確に内容を読み取れるか

毎日がどたばたしている報道番組では、先にナレーションのみを収録し、後で映像と音を付けて行くと言う作業が多いのです。原稿をもらった瞬間からいかに素早く的確に内容を読み取れるかが勝負。これは1番の「時間を掛けないで収録」にも少しかぶってんですけどね。

 

3、正確に専門用語を読めるか

報道番組って難しい経済用語や技術用語、外国の読みにくい地名、人名が頻繁に出てきますよね。これらを正確にかつなめらかに読めるか。ナレーターの技術力を見られるところです。

 
そして緊張の最終オーディション終了から1週間。

日曜日の夜遅く、「ZERO」の担当者から電話が!