ナレーターメルマガ

マネージャー小窓王の

改編の狼

vol.11

たとえ負けても試合は終わらない

-前編-

TOPページ | 改編期の狼 | vol.11 | たとえ負けても試合は終わらない_前編

| 1 | 2 |
(2010年8月26日ナレーターメルマガ148号より)

ナレーターメルマガ,改編期の狼,マネージャー,キャスティング,オーディション,ナレーション事務所,ボイスサンプル
 

え?!ええ?!

 
前回、深夜のバラエティ新番組「ドンと恋フシギちゃん」に女性の新人4名をキャスティングして挑んだ小窓王。
 
だが!

D「小窓王さん、候補ありがとうございました。でも今回は別の方で決まりました・・・」

小窓王「え???あ、あ、そうですか(涙)・・・ちなみにどなたで決まったんでしょう?」

D「”芋煮会オフィス”の「ずんだ一人」さんです」
 
小窓王「え?!ええ?!あの売れっ子ナレーターのずんだ一人ですか!?男性じゃないですか、女性を探してるって言ってたのに…!?」

D「う~ん、プロデューサーの意向で決まったんですよね~。じゃ、また次回よろしくお願いします」

小窓王「・・・」
 
やられた…!
 


 

あ”~!


昨日は「新人女性がいい」とかいってたはず‥‥。読みが甘いといえば甘かった。まさか男性に決まるとは…
 
とんびに油揚をさらわれたような、あっという間の敗北感。
 
しばし呆気にとられていたが、やがて我にかえって、ひとつひとつを思い返してみる。
 
ディレクターとプロデューサーの力関係もあるだろう。仕方ないといえば仕方ない。
 
売れっ子のずんだ一人なら、番組を持っていかれても納得は、する。
 
あ”~!でも新人って言ってたくせに~…
 
ベテランでもいいとわかってればベルベットのプレーヤーたちを出して、もっといい勝負が出来たかもしれない…!
 


 

分析する小窓王

 
くっそー。ずんだ一人はどうして決まったんだ。どんなアプローチがあったというのか。
 
この番組のプロデューサーが作ってる他の番組は…あ!!これまでほとんど”芋煮会オフィス”のナレーターを使っていたんだ…。
 
ということはそのラインで攻めてきたのか。もしかしたらずんだ一人もあの番組からこう来たのかもしれない…
 
ことがこうなってしまった以上、全ては推測でしかない。だが、後から検証すれば、思い当たる節はいくつもあった。
 
とにかく、冷静によく考えてみれば、ずんだ一人のキャスティングは、至極妥当なライン。
 
どうしてこうなったのか。

ディレクターが口にした『新人』『女性』。
 
いくつかのキーワードに、無意識に振り回されていた自分に気がつく…読みが、浅かったのだ。
 
『キャスティングは”受け手になるな、与え手になれ”。本当に指揮権をもつ中心人物でない限り、実はスタッフですら受け手だからだ』
 
大窓王にそういわれていたのに‥!