ナレーターメルマガ

マネージャー小窓王の

改編の狼

vol.5

逃げ去る恋

-前編-

TOPページ | 改編期の狼 | vol.5 | 逃げ去る恋_前編

| 1 | 2 |
(2006年11月16日ナレーターメルマガ31号より)

あんなに愛し合った夏の日。
 
でも秋を前に彼女は去っていった・・・
 
何度かけても電話に出てくれない・・・傷心の秋・・・
 
ナレーターメルマガ,改編期の狼,マネージャー,キャスティング,オーディション,ナレーション事務所,ボイスサンプル

 
9月初旬

 
9月初旬のある日、『ニュースzero最終オーディション』の緊迫した現場。
 
水を打った静けさの室内に着信音が鳴り響く。

携帯を掴んで急いでスタジオの外で電話に出る。
 
『もしもし、小窓王さん・・・実はお願いしていた、番組が急きょ終了する事になりまして・・・』
 
電話は某制作会社のプロデューサーからだった。
 
去年始まる時は「長いレギュラーになりますよ」って言ったはずなのに(泣)そう、それも恋と同じかもしれない。
 
夏の終わりから秋にかけては、番組の改編期。
 
それは、古い番組が終わり、新しい番組が決まるまでの真空の時期。
 
プレーヤーにとっても、マネージャーにとっても、ほんとうに胸が締め付けられる季節なのだ。
 


 

9月中旬

 
知人から女の子を紹介され、食事をすることになった。
 
これもタイミングなのか・・・ 寂しくなっていた心に、風が吹く。暖かいのか冷たいのか・・・
 
同時期、某放送局から新番組の依頼が舞い込んできた。
 
新番組の話に小躍りする。
 
が話を聞いてみると「ナレーション量が多いのに、ギャラが叩かれるようだ」‥‥うーんむ……
 
あれから、また数本レギュラー番組が終わっている・・・
 
なのに、新番組はまだ何も決まっていない。
 
電話を切ってしばらく1人で考えこむ・・・
 


 

一期一会と言う言葉があるぐらいなんだか

 
雑念が頭をよぎって行く。

スケジュールが空いてるよりは、安くてもいいから入っていた方が・・・
 
だってこの番組は安いかもしれないけど、やっぱり声を掛けてくれる出会いを大切にしたいし。
 
それにここで出会ったスタッフが、今度は別の番組で呼んでくれるかもしれないし。
 
そう、「先行投資と考えれば」やらないよりやった方が良いに決まってるし。そ
 
れにことわざにも一期一会と言う言葉があるぐらいなんだから。
 
そう独り言を呟きながら、自分を納得させて出した結論だった。
 
そして、大窓王に新番組の経緯を手短に伝える。

『う~ん。いつまでたっても、昔の癖がぬけないなぁ』
 
な、なんですと?!