ナレーターメルマガ

マネージャー小窓王の

改編の狼

vol.7

狐の罠

-前編-

TOPページ | 改編期の狼 | vol.7 | 狐の罠_前編

| 1 | 2 | 3 |
(2007年1月11日ナレーターメルマガ38号より)

 
新番改編も一段落し、穏やかな日々が戻って来ていた。
 
しかしこの時は、これから起こることなど考えてもいなかった・・・
 
ナレーターメルマガ,改編期の狼,マネージャー,キャスティング,オーディション,ナレーション事務所,ボイスサンプル

 
10月中旬

 
新番も順調に決まり、うららかな午後。

あんなに不安だった日々がまるで嘘のように、心が晴れ晴れしていた。

『いや~大窓王、新番も順調に決まったし、言う事無いですね、ははは』

『どうした、いつになく機嫌が良いじゃないか』

『そりゃ新番たくさん決まって行ったんですよ、嬉しくいないんですか?』

『もちろん嬉しいさ、けどそれはもう過ぎた事だ』

大窓王の返答があまりにも素っ気なかったので、私は一瞬言葉を失った
 
『え、新番が決まった事がもう過ぎた事なんですか?』

『そうじゃない、新番が決まって嬉しいのは分かるが、あまり気を抜くなと言う事だ』

腑に落ちない表情をする私を尻目に、大窓王は続けた。

『狼にも少しの休息は必要だろう、それも分かる。だが油断しているこんな時こそ、息を潜めて罠を仕掛けている奴もいることを忘れるな』
 
その時は、大窓王が少し神経質なだけだと、やり過ごしていた。
 


 

11月中末

 
そんなある日、プレーヤーから予想していなかった話を聞いて、思わず驚いた。
 
『どういう事??それまったく聞いていないんだけど?!』
話を聞いてあわてて明細書を確認する。
 
確かに今月と先月でギャラが違う。どういう事だ?
 
それに現場のクオリティーが低く、待ち時間は長く、取り直しも多発しているとの事。
 
ひどい時には現場に夕方入って、終わるのが朝みたいな事もざらに有ると言うではないか。

『取りあえず、先方に会って話してくるから』

そう言うと急いで事務所を出た。
 


 
師走の町中を狼の気分で意気揚々と突き進んで行く。
 
「おはようございます。ベルベットオフィスの小窓王です」

『どうも初めまして、大手衛星制作の菰田(こもだ)です』

「今日伺ったのは、最初に聞いていた話と、内容が違うのでそのことを確認に来ました」

相手の顔が一瞬引き締まるのが分かった。
 
そして細い目の眼光が鋭くなる。
 
『どういう事ですか、話が違うって?こちらはちゃんと説明していたけどね!』
 
プロデューサーは威圧的に声を荒げた。