ナレーターメルマガ

マネージャー小窓王の

改編の狼

vol.9

狐狩り

-前編-

TOPページ | 改編期の狼 | vol.9 | 狐狩り_前編

| 1 | 2 | 3 |
(2007年2月15日ナレーターメルマガ43号より)

交渉のつもりが、古狐プロデューサーの口車に乗せられまんまと丸め込まれた小窓王。

しかし大窓王の鋭い嗅覚で狐の正体があぶり出されて来た。
 
小窓王はマネージャーとしてのプライドをかけ古狐と対決する!
 
ナレーターメルマガ,改編期の狼,マネージャー,キャスティング,オーディション,ナレーション事務所,ボイスサンプル

 
『番組を降りるだって?!一体何様のつもりなんだ、ふざけるな!!』
 
プロデューサーの怒鳴り声と、机を叩く振動で、会議室の蛍光灯が激しく揺れていた。
 
担当者が血相を変え、怒鳴り散らすのを冷静に見つめながら、私はこのあと続くタフな戦いに備え、ぐっと拳を握りしめた。
 


 

狐狩り前日:事務所
 

『相手も海千山千の古狐だ、なかなか困難な交渉になるだろう。だが保証金額とやらの矛盾点を突き、プレーヤーの声を伝えれば相手は反論出来ないはずだ。だが、そのあとが問題だな・・・』
 
ごくりと息をのんで大窓王の言葉を待った。

『手負いの獣は恐ろしいと、よく言うだろう。この担当者も話を聞いてる限り、追いつめられたらなりふり構わず反撃してくるタイプと見て間違いないだろう』

私はただうなずいていた。

『きっとこう言ってくるはずだ。”大手衛星制作との今後の取引をどう考えてるんだ”とね』

私はどうすれば良いんですか?と言おうとしたが言葉を飲み込んだ。
 
『あと考えられるのは…現場の感情論や、不誠実だと言う道徳論を、きっと唱えるはずだ』

ふたたび黙ってうなずいた。

『まあどちらにしても交渉のテーブルでは、よく発せられる脅迫的言語だ。だがこれから伝えるポイントを突けば大丈夫だ』

そういってにやりと微笑む大窓王の横顔は,鋭く光っていた。
 
私はまだこの時、大窓王の凄さをぼんやりとしか理解していなかった。
 
この後の交渉で大窓王が予想した相手の反論が、激しい交渉の最中、ことごとく当たって行くとは、この時の私は知るよしもなかった。