この物語はおおざっぱにフィクションです

ナレーターメルマガ

ヒッキー&ガンバルジャンの

声優ミゼラブル

第13幕
 

sideガンバルジャン
ナレーターメルマガ,声優からナレーターへ,ガンバルジャン
 

 

声優コーラスライン

ー前編ー

TOPページ | 声優ミゼラブル | 第13幕 | 【sideガンバルジャン】声優コーラスライン_前編

| 1 | 2 |

ナレーターメルマガ,声優からナレーターへ,ガンバルジャン
sideガンバルジャン

(2009年1月15日ナレーターメルマガ102号より)

 

ナレーターメルマガ,声優から,ナレーション,仕事,アピール

 

ガヤが月に1回か2回あるかないか

 
その後は小豆地さんといえども、ぽんぽん仕事をふってくれる訳でもなく、それからはまたインコの餌やりなどしながら「明日は、明日こそは」と信じながら、電話を待つ日々。
 
電話があったとしても、実際はガヤなどほんっとに小さい仕事が月に1回か2回あるかないか、それすらもない日々の繰り返し。
 
夜は同じ事務所のジュニア仲間とともに、工場での日雇いバイト。
 
時々「声優の小さな仕事」をする者がいて「どうだった?」と話しあう。
 
「売れっ子の●●さんが、何回も噛むんで現場の雰囲気悪くなってさ、困っちゃったよ~」などと(ガヤのお前はその場にいただけで関係ねーだろ)とは思うものの、現場のトラブル話をまんざらでもない顔で言われ、悔しくて、そいつとはその日は一日中、口をきかなかったりしていました。
 


 

封筒と従兄弟

 
運よく仕事をふってもらえた月は、ギャラ支払日に事務所から明細が送られてきます。
 
普段はみかけない、事務所のロゴが入った封筒を見ると、なんとも誇らしくうれしい気分になります。
 
でも親戚の集まりなどで、年下で一番のチビだった従兄弟がいつのまにか就職をし、車を買い替えたり、結婚話などする姿などをみるようになると、バイト先とは違って、なんだか、胸がしめつけられるような気持ちになってきます。
 
明細には、たった1行「CSアニメのガヤ 8,000円」。

そのジュニアランクのギャラからさらに事務所のマネージメント料を引かれた明細を、バレないように握りつぶすのが精一杯でした。
 


 

唯一の台詞である「プレイボール!」の練習

 
そんなある日。

数週間ぶりに、マネージャーで事務所の大番頭である小堀田(こほった)さんから仕事の電話をいただいたのでした。
 
珍しく事務所の実力者である小堀田さんからのじきじきの電話、それも、一言だけだったけど台詞のある役で舞い上がるガンバルジャン。
 
それからは毎日、唯一の台詞である「プレイボール!」の練習と飲み会での新人の役割である「魚の身のほぐし方練習」にいそしみました。
 
そして収録当日。
 


 

新人おみやげ坂クンタキンテ


例によって舞い上がった私は、一番最初にスタジオに到着していたのでした。
 
前回はここで、一番下っ端なのに主役席に座ってしまうという、大失敗をしてしまったのでした。
 
やがて先輩方がぞろぞろとスタジオ入り。中には子供のころテレビでみていた人もいたりして、テンションはいやが応にもあがります。
 
しかも今日の出演者をみれば、戦後新劇の流れをうけた声優界の生き字引みたいな、つまりいわゆる体育会系で”イカにもな声優さん”たちが多かった。そんな人に嫌われる訳には絶対いかない。
 
あらかたの出演者がブース入りするのを見届け、下げっぱなしだった頭をあげようとしたころ、明らかに年下で、キョドキョドした男がどたばたと入ってきました。
 
「あの~、ここは●●●のアニメ収録するところでしょうか…?自分はパッポンプラ養成所の新人”おみやげ坂クンタキンテ”という者なのですが、初めてのスタジオでよくわからなくて…」
 
かっちーん!

パッポンの後輩?!しかも養成所生かよ!

先輩のこの私が収録1時間前にきてるってのに、こんな本番ぎりぎりに来やがって!
 


 

貴様なんてことを!

 
私はおみやげ坂とやらに言いました。

「やい貴様、何期生だっ?!新人が重役出勤してるんじゃないっ!」

「やや、ガンバルジャン先輩ですね、お話には聞いてました!すっすみません、ダッシュできたんですけど」

「いいから早く私と並んで、入り口で一緒に挨拶してろ!…(ヒソヒソ)いいかおみやげ坂、新人はこうして先輩方に顔を覚えてもらわなきゃダメだ。自分でアピールしない奴は一瞬で嫌われるぞ」

「(ヒソヒソ)はっはい、声優って厳しいんですね。自分世間知らずで…ガンバルジャン先輩、いろいろ教えてくださいね」

「(ヒソヒソ)よせよ。最初は俺もなんも知らなくてな、苦労してやっとここまで来たんだ」
 
そうこうしているうちにヒロイン役のグワシヶ原のりピーコ(ぐわしがはら・のりぴーこ)がやってきて全員がそろいました。
 
グワシヶ原をジトーっとした横目でみながら、前回の反省もふまえ、隅っこの席に向かいます。
 
すると目を疑うような光景が飛び込んできました。

1つ残った「大事な主役さまの席」に、よくみるとカバンが置かれていたのでした。
 
あがっ?!
 
「あ、先輩すんません、そのカバン、ボクのです」
 
おみやげ坂!!貴様なんてことを!

新人声優が避けなきゃいけない大失態を、お前もやってしまうのか!
 
それもこれだけの大御所声優陣の前で?!やばいよやばいよ‥‥!
 

 
 
 

- 登場人物 -

ヒッキー

引きこもりから抜け出し、声優からナレーターになった男。現在ではドキュメンタリーや番組レギュラーナレーション、声優として大ヒット作に出演するなど、みごと社会復帰を果たした。

ガンバルジャン

夢にまで見た声優ジュニアは、まるで「レ・ミゼラブル(ああ無情)」な世界だった…。ナレーションを学ぶことで番組レギュラーをもち、社会復帰に至った、男泣きナレーター。

ナレーターメルマガ,ナレーターフォーラム,ナレーションの虎ナレーターメルマガ,ナレーターフォーラム,ナレーションの虎

 
 質問はフォーラム
「ナレーションの虎」で
  
ナレーターメルマガ,極細木スガ子,マネージャーナレーターメルマガ,極細木スガ子,マネージャー

ナレーターメルマガ,技術,ナレーション,テクニック,学ぶナレーターメルマガ,技術,ナレーション,テクニック,学ぶ

ナレーターメルマガ,体験談,ナレーターメルマガ,体験談,

ナレーターメルマガ,はじめてのナレーション,技術,テクニック,発声,滑舌ナレーターメルマガ,はじめてのナレーション,技術,テクニック,発声,滑舌

ナレーターメルマガ,ナレーション収録,動画,映像,ナレーターメルマガ,ナレーション収録,動画,映像,

ナレーターメルマガ,極細木スガ子,マネージャーナレーターメルマガ,極細木スガ子,マネージャー

ナレーターメルマガ,キャスティング,営業,マネージャー,改編期ナレーターメルマガ,キャスティング,営業,マネージャー,改編期


ナレーターメルマガ,声優から,声優ミゼラブル,ヒッキー,ガンバルジャンナレーターメルマガ,声優から,声優ミゼラブル,ヒッキー,ガンバルジャン

ナレーターメルマガ,売り込み,アピール,弾き語りのマーケッターナレーターメルマガ,売り込み,アピール,弾き語りのマーケッター


ナレーターメルマガ,ナレーション虎の穴,佐藤賢治,あおい洋一郎ナレーターメルマガ,ナレーション虎の穴,佐藤賢治,あおい洋一郎