この物語はおおざっぱにフィクションです

ナレーターメルマガ

ヒッキー&ガンバルジャンの

声優ミゼラブル

最終幕
 

sideガンバルジャン
ナレーターメルマガ,声優からナレーターへ,ガンバルジャン
 

 

バルジャンの飛翔

ー前編ー

TOPページ | 声優ミゼラブル | 最終幕 | 【sideガンバルジャン】バルジャンの飛翔_前編

| 1 | 2 |

ナレーターメルマガ,声優からナレーターへ,ガンバルジャン
sideガンバルジャン

(2009年5月7日ナレーターメルマガ111号より)

これまでのあらすじ

前回は、小さいガヤの現場での「おみやげ坂クンタキンテ」との出会いを書きました。

彼はまばゆいばかりの才能で、事務所から「すぐに所属でいいよ」と言われているのに、自ら養成所で学んでいる、プレイだけでなく人柄までもできたヤツ!おみやげ坂はまさに声優界を飛び回る彗星のごとき新人でありました。

一方私はというと…唯一の台詞「プレイボール」すら噛んでる有様。

そこで私は気づいたのです。そこには深い「声優コーラスライン」が横たわっている…

そして唯一の味方、若手マネージャー「小豆地(こまめち)さん」に救いを求めて電話すると、『ガンバルジャンはナレーターをやってみたら?ナレーションでは声や表現にも説得力が出るのは30代からだから』という何気ない一言。

それともう一つ小豆地さんから衝撃の一言。
「実は俺。マネージャーを辞めることにしたんだ・・・」


事態は激流のごとく、どこまでも私を翻弄するのでした。

 

ナレーターメルマガ,声優から,ナレーション,仕事,アピール

 

ただ待つだけじゃない。攻めていくんだ

 
電話口の小豆地さんは言いました。
 
「実は…今度子どもが生まれることになって、もうやっていけなくなったんだよ。ガンバルジャンにはわからないかもしれないけど、大手事務所でもマネージャーの給料なんて、ひどいもんさ。これまで歯をくいしばって堪えてきたけど…」

「そうだったんですか…知りませんでした」

「それに俺たちがどんなに走りまわっても『売れればプレイヤーの力、売れなきゃマネージャーのせい』って、呆然と口を開けて仕事を待ってるだけのプレーヤーに言われてね…やりきれないよ。それでこの薄給じゃ、未来が見えないさ…」
 
こんなダメな私に目をかけてくれていた小豆地さん。
 
新人にとってマネージャーは仕事をくれる神のように思っていた。でも同じ人間で、同じようなことに苦しみ、戦い踏ん張っていたのでした。
 
思えば当たり前のことだった。そんなマネージャー個人の未来のことなど考えてもみなかった。自分のことしか見えていなかった。
 
いや自分のことさえも見えていなかったのだ。私も『口を開けて待っているだけ』のプレーヤーの一人だったから。
 
「じゃあな、ガンバルジャン。お前はナレーションにまだ可能性がある。ただ待つだけじゃない。攻めていくんだ」
 
そう言って小豆地さんは電話を切ったのでした。最後まで、私を応援してくれながら。

”声優への夢”との決別では流れなかった涙が、この時ばかりはしずくとなってこぼれ落ちました。
 


 

生まれ変わるガンバルジャン

 
 
そして私は、翌日からナレーションの猛特訓を開始しました。

もちろん自分の未来を自分で作り出すため。そして小豆地さん最後のアドバイスを生かし、口を開けて待っているだけのプレーヤーにならないために。
 
毎日テレビを研究し、ボイスサンプルを作り、マネージャーたちに聴いてもらう。
 
最初はおっくうそうに受け取っていた事務所も、何度かプレゼンをしているうちに「ガンバルジャンはきちんとナレーションを勉強している」と認知してもらいだし、やがてポツリ、ポツリとですが、こぼれた仕事を振ってもらえるようになっていきました。
 
現場ではスタッフさんにCDを手わたし、ナレーションへの情熱を伝えました。
 


 

まわりを巻き込む「勢い」を生み始めた

 
そんな、ある日の収録。

あらんかぎりの声を出してナレーションをしていたら‥


一回かぎりだったはずの現場でこう言われたのでした。
 
「別件で仕事があるんですけど、ガンバルジャンさんにお願いしていいですか?」
 
それは…夢にまでみた『一本の仕事がつながった瞬間』でした!
 
そのときは誇らしさと同時に、またダメになってしまうのではないかという不安も同時にありました。
 
でもこの時の自分には前を見ることでしか、生き残れないという思いの方が強かったのです。
 
その思いと行動はまわりを巻き込む「勢い」を生み始めたのでした。

 
 
 

- 登場人物 -

ヒッキー

引きこもりから抜け出し、声優からナレーターになった男。現在ではドキュメンタリーや番組レギュラーナレーション、声優として大ヒット作に出演するなど、みごと社会復帰を果たした。

ガンバルジャン

夢にまで見た声優ジュニアは、まるで「レ・ミゼラブル(ああ無情)」な世界だった…。ナレーションを学ぶことで番組レギュラーをもち、社会復帰に至った、男泣きナレーター。

ナレーターメルマガ,ナレーターフォーラム,ナレーションの虎ナレーターメルマガ,ナレーターフォーラム,ナレーションの虎

 
 質問はフォーラム
「ナレーションの虎」で
  
ナレーターメルマガ,極細木スガ子,マネージャーナレーターメルマガ,極細木スガ子,マネージャー

ナレーターメルマガ,技術,ナレーション,テクニック,学ぶナレーターメルマガ,技術,ナレーション,テクニック,学ぶ

ナレーターメルマガ,体験談,ナレーターメルマガ,体験談,

ナレーターメルマガ,はじめてのナレーション,技術,テクニック,発声,滑舌ナレーターメルマガ,はじめてのナレーション,技術,テクニック,発声,滑舌

ナレーターメルマガ,ナレーション収録,動画,映像,ナレーターメルマガ,ナレーション収録,動画,映像,

ナレーターメルマガ,極細木スガ子,マネージャーナレーターメルマガ,極細木スガ子,マネージャー

ナレーターメルマガ,キャスティング,営業,マネージャー,改編期ナレーターメルマガ,キャスティング,営業,マネージャー,改編期


ナレーターメルマガ,声優から,声優ミゼラブル,ヒッキー,ガンバルジャンナレーターメルマガ,声優から,声優ミゼラブル,ヒッキー,ガンバルジャン

ナレーターメルマガ,売り込み,アピール,弾き語りのマーケッターナレーターメルマガ,売り込み,アピール,弾き語りのマーケッター


ナレーターメルマガ,ナレーション虎の穴,佐藤賢治,あおい洋一郎ナレーターメルマガ,ナレーション虎の穴,佐藤賢治,あおい洋一郎