ナレーターメルマガ

読み切り短編集

- vol.02 -

プロを真似るのは

前編

TOPページ | 読み切り短編集 | vol.2 | プロを真似することは_前編

| 1 | 2 |
 (2013年6月27日ナレーターメルマガ225号より)

ナレーターメルマガ,プロのナレーションの真似
 
 

下記は、ナレーター専用フォーラムサイト『ナレーションの虎』にかつて寄せられた質問です。

 


【質問】プロのナレーターをまねすることは
【投稿者】 ぷーさん
いつも見て勉強させてもらっています。
このサイトでの回答の多くに、TVのナレーションをシャドーイング、マネをしてみなさいとあります。ナレーション業界に限らずコピーはあくまでもコピーで本物にはなれないと思っています。その人をマネしていてもいつまでたっても追い抜けないし追いつけないのではないのかと。コピーは本物には勝てない、劣化版だと。
なぜそんなにマネを勧めるのでしょうか?
マネをすることで変な読み癖とかもついてしまうような気がするのですが・・・。


 

養成所で学んだ人が、コピーに疑問を持つことがときおり見受けられます。
そこで今回はコピーについて考えていきたいと思います。

 

 

練習方法としてのコピー

 

まず『コピーで本物にはなれない』という意見。これはオリジナリティを尊重し作品を創りだす、クリエイティブな分野では耳にする言葉です。
 
確かにクリエイティブな創造物としての芸術作品では、模倣は一流でないどころか恥じるべきことです。

でも質問者は、コピーでスキルを習得する練習方法と、芸術作品としての模倣を混同しているのではないでしょうか。

それに、プレーヤーとして一定以上のコピースキルを持った表現は、プロ基準にあるといえます。

楽譜を徹底してコピーするスキルを持つピアニストは、一流であるとはいえなくても、プロの水準にあると言えます。それはナレーションにおいても同様なのです。

もちろん、ただコピーするだけでは第一線のプレーヤーを超えることは出来ません。
 
一流になるのは、基礎の段階をきちんと踏まえてから、次のステップが必要なのです。

 

 

表現の上達ステップ


芸能表現を学ぶステップとは【守破離】という言葉の中にあります。

 

 【守】型を徹底的に習得する
 【破】他の型や自分の個性を取り入れる
 【離】型から離れ独自の表現に至る

 

コピーとは【守】の段階を示しています。
【破】の段階では第一線に近づけるかもしれません。
【離】の段階になって一流を超える独自の表現になっていきます。


 

表現の基礎はコピーにあり


プロのナレーターのコピーから学べることは、リズムやスピード、強調点や巻きや張り、ブレスの位置。それぞれがそのプレーヤーの生理なのです。
 
その生理は、実は個性であるだけでなく読みの必然だったりすることを実感していくのです。その段階になると、ぐっとプロのナレーターに近づくことが出来ます。
 
表現分野の練習方法として、コピーを取り入れていないジャンルはほとんどありません。完成品ではなく練習方法としてです。
 
古今東西、プレーヤーたちは初期から徹底した模倣によってそのスキルを習得する過程を踏んでいます。

絵画におけるデッサンや模写、音楽では楽譜どおりに弾く訓練。
古典である能や歌舞伎、書道、茶道、種々の武道でも同じ教育法です。

| 1 | 2 |