ナレーターメルマガ

読み切り短編集

- vol.5 -  

バラエティ読みが空回り

前編

TOPページ | 読み切り短編集 | vol.5 | バラエティ読みが空回りする_前編

| 1 | 2 |
(2014年7月3日ナレーターメルマガ253号より)

 
下記は、ナレーター専用フォーラムサイト『ナレーションの虎』にかつて寄せられた質問です。
 
ナレーター,ナレーション,ディレクション,バラエティの読み,テクニック,

 

【質問】バラエティ原稿を読む際、感情を込めようとすると、気持ちが高ぶりすぎてしまい、早口になってしまったり、声が裏返るなど制御が効かなくなってしまいます。
「テンション上げるのとはしゃぐのは違う」と言われて、はっとしました。

かといって、セーブしようとしすぎて、小さな表現になってしまうのも、違うなーと感じます。

はしゃぐのではないのなら、どのような種類の感情を、どんな分量で込めてらっしゃるのでしょうか?体感としては、どんな感覚、また、その配分をつかめたきっかけのようなものはあるのでしょうか?

 
さあ、ナレーションの虎からの回答は?
 


 

ナレーター山上智の回答

 
はじめに「テンション高い=若者用語での”高揚感”」という意味だけではない、ここがまずポイントです。
 
tensionは英語本来の意味では「緊張感やストレス」などを意味するそうです。
 
表現界では『(観られている中での)集中力』といった意味で使っています。舞台での演技中にテンションが張り詰めていくと「座ってるだけでも汗をかく」という感じです。
 
なので、テンションは「もっとあげて」という表現よりも、「もっと張って」と伝える方がわかりやすいのかもしれませんね。
  


 

張られたテンションの感覚

 
どういう感覚か…は字で伝えるにはなかなか難しいのですが^^;
 
よく言われるのは「想像上のカメラで自分を斜め上からみてる」ような感じかもしれません。むりやり体感してもらうために書きますと…
 
パーティなどで(目上のかたへのバースデーサプライズで構いません)司会役になったとして。
 
自分自身も盛り上がってなければいけませんが、同時に”聞き取りやすいように”話していたり、間をとったり、どこか客観的な視野も同居している感じと似ているかもしれません。

| 1 | 2 |