ナレーターメルマガ

読み切り短編集

 - vol.08 -

スポーツナレーション攻略

前編

TOPページ | 読み切り短編集 | vol.8 | スポーツ番組ナレーションの攻略_前編

| 1 | 2 |
(2014年6月19日ナレーターメルマガ252号より)

ナレーターメルマガ,スポーツ番組のナレーション.テクニック,コツ

 
2020年の東京オリンピック決定。これは私達ナレーターにとっても大きなニュースです。
 
オリンピックまでスポーツ番組が続々と増えることになるからです。
 
「実況アナウンサーの仕事が増えるだけ」と思ってませんか?
 
それは違います!
 
スポーツ番組は【多彩な切り口】で作られているのです。
 
スポーツというテーマで報道、ドキュメント、バラエティ、情報がそれぞれのアプローチと色づけで制作しています。

それぞれのスポーツ番組の作り方の傾向から、そこで活かせるナレーションを構築して行きましょう。
 
これらを考え研究することは、「仕事につながるサンプル作り」に生きてくるはずです。
 
それでは『スタジオバーズ式スポーツセミナー』へDive!
 


 

スポーツ番組の6種類

 
スポーツ番組の演出視点からその傾向と対策をみつけてみましょう。

 

(1) バトル&ドラマチック
(2) ハートウォーム&フレッシュ
(3) 科学分析&説明
(4) 告知&速報
(5) 情報&バラエティ
(6) 淡々ストイック

 
それぞれを今ある番組を具体的にイメージしながら読んでみてください。
 


 

(1)バトル&ドラマチック

 
【バトル】は、田子千尋さんの「K-1」、高川裕也さんの「世界卓球」など。

格闘技を中心に「刻は来た!」など、闘志を燃やさせる作りが多く、太い低声など「存在感」のある声や読みの人が番組を担っています。
 
【ドラマチック】はさらに荘厳な演出で、原稿にも文学的表現が多くなり、BGMも聖歌を思わすものなどを使う傾向にあります。
 
近年ではあおい洋一郎さんによる「フジテレビ・ソチオリンピック」や「CXフィギュアスケート」などがイメージしやすいかもしれません。
 
(羽生結弦選手のVTRで「少年の旅は…あの日始まった…」というようなかっこよすぎる演出です)
 
この【ドラマチック】はアバンや、試合当日直前の「選手がこれまで歩んだ過程の紹介」によく使われます。
 
多くは番組全体のカラーを背負うことになります。
 
完成度の高いこだわりのVTR作りが多く、その分「トップナレーター」がひしめきあう激戦場。
 
ナレーターならば誰もが憧れる夢舞台です。
 
バトル&ドラマチックの現状は男性ナレーターが多く見受けられます。
 
ですが最近は、女性アスリートの活躍が目立ちますので、「女性だからこその強さ」の表現ができれば、女性起用のチャンスも増えるでしょう。
 
例としては小坂由里子さんがつとめたフィギュアスケート「浅田真央のこれまでの歩み」などがあります。
 



(2)ハートウォーム&等身大


スポーツ番組の演出で重要とされているのは【ハートウォーム=感動】です。
 
ほとんどのスポーツ番組がなんらかの形で【ハートウォーム】パートを入れています。
 
「惨敗でチームが変わった」
「実はバイトしながら練習してる」
「地元の応援にこたえたい」
など。
 
『優しい読み』や、『ウィスパー』などが求められるので、女性も多く求められます。
 
全体がハードな番組作りであっても、雰囲気を変えるため「感動パート」を差し込む傾向もあります。
 
そして【等身大】の読み。
感動秘話は、朗々と読み上げると、聴き手がわざとらしいと感じてしまうからです。
 
こなれた読みよりは、下手でも「一生懸命さが伝わる素朴な読み」が求められる傾向です。これはキャリアの有無は関係ないかも知れません。
 
対象に寄り添って聞こえる読みとしては【ウィスパー】というテクニックがあります。
 
例としては逸見友惠さん「ソチ五輪・バイトしながら頑張る女子カーリングチーム」などがありますね

| 1 | 2 |