ナレーターメルマガ

読み切り短編集

 - vol.09 -

声優とナレーター
ボイスサンプルの違い

前編

TOPページ | 読み切り短編集 | vol.9 | 声優とナレーター「ボイスサンプルの違い」_前編

| 1 | 2 |
(2014年7月17日ナレーターメルマガ254号より)

ナレーターメルマガ,声優とナレーターの違い

 
下記は、ナレーター専用フォーラムサイト『ナレーションの虎』にかつて寄せられた質問です。
 

【質問】声優のサンプルとナレーターのサンプルでは、どのような違いがあるのでしょうか?
なんとなく違うなとは思うのですが、はっきりとはわかりません。教えてください、お願いします。

  

 
さあ虎の答えは?
 


 

スタジオバーズの回答

 
いつか書かなくてはと思っていました「声優とナレーターのサンプルの違い」(^_^;)
 
猪鹿蝶応募の方にも声優系ノウハウでサンプルを作られていて、TVナレーションのアピールの時は、せっかく個性的な声や幅広い表現力をうまく生かせてないのかな、もったいないなと感じることが多かったからです。

声優に限らずアナウンサーやDJなどそれぞれの文化やノウハウがあります。

わかるとは「いったん切り分けること」という目的で、書いてみますね。


 

演じることと説得力

 
ナレーションに求められるのは「説得力」です。
 
声優に求められるのは「演じること」です。
 
どちらでも、売れてるかたであればそれでいいのですが…
 
説得力のためには『その人がみえる』と言いますか、読み手そのものの雰囲気が伝わるように地声をベースに喋りつつ、その上にさまざまな表現を加えていくことが求められます。
 
そのためには声色もプレイスタイルも、1つだけであっても、それほど問題ないのです。
 
(TVの売れっ子ナレーターたちを思い浮かべてみてください。例外もたくさんいらっしゃいますが、だいたい”一色の人”じゃないですか?)
 


 

演じ分けることのデメリット

 
声優では『声や性格をかえてたくさんの球種をアピールする』ことが求められていると思います。
 
対してナレーションにおいては、演じ分けるほどプレイヤー自身がどういう人なのかが伝わり辛くなってしまうのです。
 
絶対に誤解してほしくないのですが、声優に説得力がないというのではありません。
 
「演技中の説得力」とナレーションの説得力は、ベクトルが違うというだけです。

| 1 | 2 |