ナレーターメルマガ

猪鹿蝶
マネージャーインタビュー

 其の4

「2013猪鹿蝶マナージャー鼎談 前編」

其の4「2013猪鹿蝶マナージャー鼎談 前編」 


2013年。各局で踏み込んでいったネタ見せ系バラエティが減少。あらたなトレンドはどこだ?!

ナレーターメルマガ,極細木スガ子,マネージャー,事務所,オーディション

 


 

TBS「Nスタ」への新人ナレーター2人をキャスティング!

 
狩野:メルマガ読者の皆さんおひさしぶりです、猪鹿蝶リーダーの狩野貴子です。さあ今年も猪鹿蝶ナレーター募集がはじまりました(腕ぶんぶん)!

義村:今春期にも猪鹿蝶から新人ナレーターの抜擢がたくさんありました。まずはTBS夕方の報道帯番組「Nスタ」。報道畑じゃないCMナレーションが多かった「トビー上原」のキャスティングはすごい。ストレートな読みの「よしいよしこ」もそうだけど。TBS報道の読みの傾向を分析したからなのかな?

狩野:分析したというほどではないですが、何となく局傾向は頭の片隅にあって、TBSは厚い声の男性を抜擢しがちなんですね。『もしかしたらあるかも』って思ったんです。それで候補に入れておいた結果のラッキーです。よしいさんの場合は準備が出来てたことが大きいのかなって思います。報道番組を研究してそれに特化したサンプルを作っていたことでしょうか。

義村:やはりサンプルで『声の特長』や『読みの方向性』をしっかり出せているかが勝敗を決するということか。狙いを絞ったサンプルは、漠然と作っていても、出来そうで出来ないんだよ。

武信:何枚もサンプルを作ってきたよしいだからこそでしょうか。ストレートは読みの差異が出しにくいので、サンプルでの差別化は特に重要ですね。

狩野:そういえば、報道もそうですけど大型ドキュメントも新人(小坂由里子・大山裕子)が決まりだしました。

義村: すごいね。ナレーターを志す人から「最終目標として読みたい」という声が多いんだけど。今回のような「命を扱う重厚なドキュメント」はこれまでベテランや俳優の独壇場だったのに。これも新人で決めていってる。 狩野、武信がキャスティング潮流の先端にいると感じるよ。

武信:「キャスティングには発見や驚きも重要。冒険が出来なくなってはマネージャーとしては一流になれない」という義村社長の言葉を大切にしてます。

義村:はは。さて今日はそんな二人にTV番組今春の傾向を聴きながら「”いま”求められるナレーター像」を探っていこうと思います。


2013春の番組とナレーターの傾向

 
武信:番組自体の傾向としては、今春は昨年まで流行っていた「衝撃映像系」の番組が数字を取れなくなってきています。その代わり海外もの番組としては「世界の変わったところにいる日本人」といった番組作りが新たに増えています。

狩野:一方で若手芸人のネタ番組がかなり苦戦していることも注目です。2~3年前に席巻していた「ショートネタ見せスタイル」などです。

義村:ふむふむ。「芸人ネタ見せ系が苦戦」 これがお笑いトレンドから、次の番組企画への転換点となるか、注目する必要はあるな。


声優のナレーター起用が増えているのに、研究している人が少ない

 
狩野:ナレーションで私が感じたのはアニメ声優の起用かな。これまでも「誰もが知る国民的アニメの声優」というキャスティングはあったのですが、今期は、もっと若い世代の女性アニメ声優の起用もありました。全体に女性ナレーターの起用が増えてることに注目したいです。

義村:ふむふむ。かつては男8:女2くらいの感覚だったけど、近年では男女比の格差が、かなりなくなってきたかな。そう言えばクイズ読みは女性が多いよね。クイズ系番組の台頭が、女性のナレーションが増えたことに関連してると思うが、どうでしょう。

武信:猪鹿蝶からも昨年末、声優の「よのひかり」がフジテレビのクイズ番組「ソモサン・セッパ」を決めています。さらに彼女は化粧品系の大型CMもゲットしている。ただ声優の起用は男性でもあります。新しく「ヒルナンデス」に入った「藤本隆行」も声優出身です。

義村:もともと実力があって、その上でテレビナレーションを学んでいたから。だからこその抜擢だとは思う。残念なことに、ほとんどの声優は、今のテレビでのナレーション表現を研究してない人が多い。大手事務所の力のある声優たち、特に30代が、埋もれているのは残念。


DJ系のリズム感のあるナレーションの供養も依然として堅調

 
狩野:声優だけでなく、他にも付け加えたいのは、DJ系のリズム感のあるナレーションの需要も依然として堅調であること。トレンドとして安定している感もあります。 この春「内村とザワつく夜」を決めた「鈴木まゆ」さんなどは、地方でラジオDJをしていた女性で、サンプルもDJ色を全面に出したところが分かりやすかったかな。

義村:そういえば昨年はテレビ朝日が開局以来初の2冠達成で、今春に入っても絶好調なんだけど、それは番組作りやナレーションにどんな影響があるんだろう?

武信:テレ朝の深夜番組で、バカリズム、ナイツ塙などの起用が成功してますね。あえてのナレーターの喋りじゃない、芸人さんの喋りを狙ったんだと思いますが。ヘタウマというかなんというか。

狩野:”あえての素人っぽい読み”はじわじわと広がっています。その方向のナレーターのキャスティングとして日テレの「幸せ!ボンビーガール」の構成作家町山広美があります。

義村:いわゆる”ナレーターナレーターしてない”感じの読みが広がっているのは、深夜でテレ朝が始めたことが背景にあるだろうね。 ナレーターサイドとしてはあなどれない脅威です。


まさに業界最前線、マネージャーたちのリアルな鼎談は次回に続きます!
『 最速!秋番組予測とボイスサンプルのアプローチ』