ナレーターメルマガ

はじめての
ナレーション

人気の記事

  •  学びかた

  •  コピーとは

  •  ナレーターへの道

TOPページ | はじめてのナレーション | vol.1 | どうやってナレーターになるの_前編

| 1 | 2 |

vol.1 ナレーターってどうやってなるの?

(2010年3月14日ナレーターメルマガ臨時増刊号より)

 
「まず何をすればナレーターになれるか」という質問があると思いますが、実は「ナレーターになるために決まったルート」があるわけではありません。
 
まず大前提として「よくある誤解」について書きますね。


ナレーターメルマガ,はじめてのナレーション,どうやって,事務所,仕事
  

【1】ナレーターを目指すにはなにかの資格はある?

 
ノーです。
 
「話しかた」や「演技」はできるにこしたことはありませんが、だからといって演劇やアナウンスの経験が絶対必要という訳でもありません。
 
学歴も必須ではありません。
 
プロたちの出身も様々で、OLや自営業からナレーターになった人もいます。
 
またプロの場合、必ずしも技術の上手い順番に売れているわけでもありません。売れる要素はさまざまだからです。
 
ナレーターは技術職でもあり、芸能の職でもある、両方の側面を持っています。
 


 

【2】年齢制限はある?

 
ノーです。
 
実際、テレビで活躍し始めるのは、30歳以上が多く、40歳を越えてはじめて売れ出した方も少なくないと思います。
 
今もテレビでレギュラーを持っている方の中には70代(80代も?(^_^;))までいらっしゃいます。
 
年齢ともにでる”深み”をきちんと評価されているのだと思います。
 
遅く始めることが可能で、長く続けることができる仕事と言えます。
 


 

【3】事務所に所属していないと仕事ができない(=ナレーターになれない)?

 
ノーです。
 
事務所所属のかたが多いことも間違いありませんが、フリーで仕事をしている方もたくさんいます。
 
オーバーな表現かもしれませんが、フリーでもやっていけることは、ナレーター業界の文化ともいえます。
 


 
さて。
以上を踏まえてどうやってナレーターになるのか?ですが…

| 1 | 2 |