ナレーターメルマガ

マネージャー小窓王の

改編の狼

vol.1

仁義なき戦いは突然に

-前編-

TOPページ | 改編期の狼 | vol.1 | 仁義なき戦いは突然に_前編

| 1 | 2 |
(2006年9月28日ナレーターメルマガ24号より)

ナレーターメルマガ,改編期の狼,マネージャー,キャスティング,オーディション,ナレーション事務所

 

芸能界の仁義なき戦い

 
春と秋の番組改編期。

芸能界では覇権を争う芸能事務所の、仁義無き戦いが繰り広げられている。

勢力を伸ばそうとする新興事務所、さらなる拡大を目論む大手事務所。

権力とカネへの飽くなき欲求が、各事務所を激烈な戦いへと駆り立てる。
 


 

8月中旬

 
それは1本の電話から始まった。

杉本るみがレギュラーでやっている「きょうの出来事」担当AP(アシスタントプロデューサー)から夜22時過ぎの電話が鳴り響いた。
 
APは遅い時間の電話に対して、少し申し訳なさそうに口を開いた。

「明日にでも会ってお話したいことが・・・」

「お急ぎですね、どんなご用件ですか??」

「それは直接あってお話を・・・」

微妙な時期だけに少し嫌~な予感がした。
 
実は、その番組が秋に終了するという情報は、秘密リサーチで事前に得ていたからだ。
 
ただ、同じスタッフでまた報道番組をやるとの話だったので、そのまま残るだろうと少し甘い期待もしていたのだ。
 


 

そして結果は

 
翌日TV局に向かう途中、「リニューアル後も継続でお願いします」と言う淡い期待が3割、「これで終了です」と告げられる不安が7割。どきどきしながら報道フロアーに立ったのであった。
 
大きな会議室の一室に通される。
 
しばらくすると、初めて会う新任のPが颯爽とやってきた。
 
「実はこの番組9月一杯で終了して。そして日テレの社運をかけた新報道番組を立ち上げるんです!それに伴い、杉本さんとは秋までとなりました・・・いままでありがとうございました」
 
一瞬、頭から血の気が引いてくらっと来た。

う~半年前の杉本るみのあのスケジュールを調整した苦労は・・・(涙)