ナレーターメルマガ

読み切り短編集

人気の記事

  •  TV独自のテクニック
  •  才能あるのか教えて
  •  プロを真似るのは

TOPページ | 読み切り短編集 | vol.1 | 才能があるか教えてほしい_前編

| 1 | 2 |

マネージャー大窓王の「ナレーションを学ぶ」

vol.1 自分に才能があるのか教えてほしい

(2013年3月14日ナレーターメルマガ218号より)

ナレーターメルマガ,才能があるのか教えて
 

『自分に才能があるのか教えて欲しい』
 
しばしば耳にする言葉です。これまでの努力が、なかなか実を結ばず苦しんでいるのかもしれません。
 
ナレーションの道を行こうか、戻ろうか。
 
悩める気持ちはよく分かります。
 


 

「才能とは何か」


ナレーションにおける「才能」とはなんでしょう?
 
声、技術、表現。
それぞれとても大切なことです。
 
豊かな才能の持ち主は確かにいます。

ところが現実は才能の順に売れている訳ではないのです。
それどころか逆転現象もしょっちゅうなのです。
 
これがナレーションの、いや芸能事全般の不可思議なところなのです。
 

 

売れることは「才能だけではない」


たくさんの才能豊かな人が売れずにくすぶっている現実がナレーションの世界にもあります。
 
俊英が集まる大手事務所では、結果として残念なことに比率が高かったりします。
 
ところが豊かな才能と言えないまでも、ちょっとしたきっかけで大きく売れる人もいます。
 
「運」といってしまえばそれまでですが、それだけではないのが本当のところだと思っています。「営業力」や「人柄」など様々な要素があったりするのです。
 


 
その他の多様な要素は、スクール説明会で「売れるための17ヶ条」として、私なりにまとめてお話ししています。ぜひ聞きにきてください。http://www.schoolbirds.jp/briefing.html

| 1 | 2 |